毛皮を高く売るためのポイントはこれ!

毛皮を売るまえに読むサイト!毛皮買取で損をしないコツとは?

毛皮く売るためには、押さえておきたいポイントがあります。

 

もう使わない毛皮を手放したい。

 

タンスにしまったままの毛皮を売りたい。

 

そんな時にオススメなのが毛皮買取専門店に査定に出すことです。
近所のリサイクルショップと違い、毛皮の価値を正しくわかっている買取店に査定に出すことは毛皮を高く売るためには絶対条件と言えます。

 

良い毛皮買取専門店の特徴としては

正しく鑑定してくれる

当然のことではありますが、正しい評価額で買い取ってくれるお店を選ぶべきです。
中には素人同然の適当な査定をして、タダ同然の価格で買い取ろうとする業者もあります。
査定員が毛皮に関する知識をきちんと身に付けていること、親身で丁寧な査定をしてくれるかどうかがポイントです。

 

迅速な対応をしてくれる

毛皮を売るタイミングは引っ越しや急にお金が必要になった、ということもあるかと思います。
査定結果が出るまで、あまりにも待たされるのはストレスですよね。
特に宅配買取は、こちらから品物を発送し、到着してから査定を行いますので、その業者がいかにスムーズな対応をしてくれるかがポイントです。
口コミサイトなどで確認しておくと良いでしょう。

 

個人情報の取り扱いがしっかりしている

よく問題になっている個人情報ですが、特に毛皮は高級品ですので、これがしっかりしている業者は信頼出来て安心です。
何店舗かで査定のみ依頼するような場合は特にセキュリティのしっかりしたショップを選ぶことが必要です。

 

さらに押さえておきたいのは「比較査定をすること」です。

毛皮を売るまえに読むサイト!毛皮買取で損をしないコツとは?

毛皮の査定額も、業者によってけっこう違いがあります。
こちらの買取店では査定額が1,000円だったけど、違う買取店では10,000円だったなんてことは、ふつうにあります。

 

買取店もなるべくなら安く仕入れたいのが本音ですから、安く買い取りができそうなら、ギリギリまで安い査定額をつけてくることもあるでしょう。
そんなふうに安く買い叩かれないためには、比較査定をすることはとても重要なポイントです。

 

少なくとも2〜3店舗に査定依頼をして、その中で一番高い査定額をつけてくれたところに売る方法を採れば損をしないで毛皮を売ることができます。

 

毛皮を高く売るためには

 

毛皮専門の買取店に査定をだす

いくつかの買取店に査定にだし、一番査定額が高かった店に売る

 

この2つのポイントは外せません。

 

では、査定にだす店はどこにすれば良いのか??
その参考になるのが「実際に査定をしてもらった方の口コミ」です。

 

今回は高く毛皮が売れたという口コミの多い専門店をランキングにしましたので、どうぞ参考にしてみてくださいね。


毛皮を高く売るコツ、損をしないコツ

毛皮を売るまえに読むサイト!毛皮買取で損をしないコツとは?

毛皮を高く売るにはコツがあります。

 

そのコツを押さえておけば、おなじ毛皮なのに買取価格が上がることもあります。

 

今回は、毛皮買取で1円でも高く売るためのコツについて解説します!

 

毛皮を売るタイミングは冬!季節によって買取価格に違いがある

毛皮を売るまえに読むサイト!毛皮買取で損をしないコツとは?

毛皮を高く売るコツは売るタイミングを考慮することです。

 

毛皮の買取価格は、いつも同じというわけではなく、季節によって変動があります。
基本的に毛皮はリサイクルや再び販売に出されることが殆どなので、買取価格は買い手が付く季節ほど高額になります。
毛皮は当然、寒い時に着るものなので、暑い季節に売ってもあまり需要がありません。

 

毛皮を高く売るタイミングとして良いのは、涼しくなる10月頃から本格的に寒くなる12月〜2月頃と言われており、この期間は買取価格が高くなる傾向にあります。
今すぐ毛皮を売る必要が無ければ、このタイミングまで手元に置いておいてもいいかもしれませんね。

 

逆に暖かくなってくる5月以降は、毛皮の買取相場は一気に下降線を辿ると言われていますのでご注意ください。

 

保証書と合わせて査定に出す

毛皮を売るまえに読むサイト!毛皮買取で損をしないコツとは?

保証書もあると査定額はアップしやすい傾向にあると言われているので、もし所持している場合は一緒に出しましょう。

 

査定員はプロなので保証書が無くても本物かどうか見抜けますが、次に買うお客さんは保証書があるとやはり安心出来ますよね。
多少高くても保証書があるものを買いたいという方も多いので、保証書がある毛皮は高値買取されやすいです。

 

購入した時に保証書があれば、捨てずにとっておくことをオススメします。

 

正しい方法でお手入れしてコンディションを良くしておきましょう

毛皮を売るまえに読むサイト!毛皮買取で損をしないコツとは?

毛皮の品質を保つために、正しいお手入れの仕方を学んで実践しましょう。

 

シミや汚れが無い、匂いが無い、傷みが無い、毛並みが良いなど、このような良好なコンディションを保っている毛皮は高価買取される傾向にあるようです。
そのためにも、日頃の上手なお手入れ方法がとても重要になってきます。

 

毛皮の日頃のお手入れは、基本的に直射日光は避けて、湿気を取り除くことがポイントです。
着用後はハンガーにかけて、風通しが良いところにつるして湿気を取り除きましょう。
色つやが悪くなるので、くれぐれも直射日光には当てないように注意して下さい。

 

また、毛皮は埃が付きやすく、一回着用しただけでもかなりの量の埃を吸い込んでしまいます。
そのままにしておくと毛が抜けたり、害虫が付く原因にもなってしまいますので、着用後は軽くたたいたり、振ったりして汚れも一緒に落として下さい。
更に、洋服ブラシで毛並みに沿って軽くブラッシングしておきましょう。

 

雨などで濡れてしまった場合は、湿気をすぐに取り除くようにします。
乾いたタオルで水分を丁寧にふき取って、ハンガーにかけて風通しが良いところに陰干しして、自然乾燥させて下さい。
ドライヤーや暖房機を使った乾燥は厳禁です。
この時も洋服ブラシで毛並みに沿って軽くブラッシングして下さいね。

 

 


毛皮の種類と特徴についてご紹介します

毛皮の種類は主に以下のものがあります。

 

セーブル、チンチラ、リンクス、ミンク、フォックス、ラビット、ラム、ヌートリア、リス、タヌキ

 

 

毛皮はふわふわと柔らかい感触と美しい光沢感があり、保温力や耐水性、通気性に優れているのが特徴です。
コートやマフラーなど、様々なファッションに使われていますよね。

毛皮を売るまえに読むサイト!毛皮買取で損をしないコツとは?

現在ではあまり着る機会が少なくなってしまった毛皮ですが、寒い外国などでは一定の需要があり、希少性が高いので高値で取引されているようです。
毛皮の種類以外にもランクなどもあるので、安価なものから高価なものまで色々あります。
長年クローゼットで眠ったままだったり、譲り受けたりしたものだと、自分の持っている毛皮の種類が何か分からないという方も意外に多いようです。

 

このページでは毛皮の種類や特徴などについて解説していきます。
買取査定をお考えの方や、そうでない方も、何かのお役に立てれば幸いです^^

 

セーブルの毛皮の特徴

セーブルはイタチ科の動物で、日本では黒テンとも言われています。
ミンクの毛と非常によく似ていますが、ミンクよりも刺し毛が長くて密生していて、ふんわりとしており、シルキーな光沢と感触が特徴です。
特にロシア産のロシアンセーブルは他の種類と比べて保温力が高くツヤも強く美しいことから毛皮では最高級品と言われています。
他にもカナディアンセーブルと呼ばれる種類のもあって赤茶色をしているのが特徴ですが、圧倒的にロシアンセーブルのほうがランクが上です。

 

チンチラの毛皮の特徴

チンチラは少し大きめのネズミの種類なのですが、
刺し毛がなく綿毛のみで、非常にやわらかく、滑らかな感触なのが特徴です。密度が高い割に軽く、薄いデリケートな素材です。
色はグレーが多いですが、他にホワイトやブラックエボニー、ベージュなどの毛色もあるようです。

 

リンクスの毛皮の特徴

リンクスはオオヤマネコと呼ばれており、普通のネコと比べるとはるかに大きいネコの種類になります。
毛は長く密で非常に柔らかいのが特徴です。
茶色と白色の毛に分かれているのが特徴で、白い毛にはまだら模様があります。
この白い毛の部分が長ければ長いほど良い毛皮であるという基準があるようです。

 

フォックスの毛皮の特徴

フォックスはご存知の通りキツネですが、こちらもミンクに並ぶ代表的な毛皮の種類となります。
刺し毛が長くてツンツンしているのが特徴で、ミンクに比べると比較的安価で手に入りやすいようです。
シルバーフォックスやブルーフォックス、レッドフォックスなどの品種があります。

 

ラビットの毛皮の特徴

ラビットも、その名の通りウサギということになりますが、毛皮の中では安価な部類なので様々なファッションに使用されています。
毛が全体的に短く、ふわふわとした手触りが特徴で、染色もしやすいのでバリエーション豊かなカラー展開で流通されています。
レッキスラビットと呼ばれる品種は手触りがチンチラに似ていて、比較的高値で取引されているようです。

 

それでも毛皮の種類は色々あって奥の深い世界でもありますので、自分で判別するのは中々難しいということもあるかもしれません。
そんな時はプロの鑑定士に査定して貰うと、すぐに毛皮の種類やどのぐらいの価値があるものなのかが分かると思いますよ。
査定は無料でやってくれるところが多いので、不要な毛皮があったら一度お願いしてみるといいかもしれませんね。

 

毛皮のブランドと特徴についてご紹介します

毛皮を売るまえに読むサイト!毛皮買取で損をしないコツとは?

メーカーや団体が保証したものにだけに与えられる称号を持つブランド毛皮は、その確かな品質が保証されているので安心感があります。

 

決してノーブランドの毛皮が低品質というわけではありませんが、ブランド毛皮はノーブランドの毛皮に比べると人気があって高い値段で売買されていることが多いようです。

 

ここでは信頼と実績のある代表的な毛皮のブランドについてご紹介いたします。

 

サガファーの毛皮

毛皮のブランドの中でも最高品質とも言われているサガファー(SAGAFURS)。
特にミンクやフォックスの生産量、品質ともに世界の上位にランキングされています。

 

一般には「サガミンク」や「サガフォックス」、「サガロイヤル」などの名称で市場に流通しており、日本で最も流通が多く、非常に人気が高いブランドです。

 

サガファーはデンマーク・フィンランド・ノルウェー・スウェーデンの北欧で生産された良質品のみに与えられるブランドネームです。
正式名称は「SAGA FURS OF SCANDINAVIA」(サガファーズ オブ スカンジナビア)。
これは毛皮生産団体のブランド名で、毛皮のブリーダーによって管理されています。

 

エンバの毛皮

エンバ(EMBA)は日本の毛皮のブランドで、製品の原材料の輸入から製造販売まで一貫したトータルシステムにより、品質の高い毛皮を提供しています。
ミンクやセーブル、フォックス、リンスキャット等、バブル期にはエンバの毛皮はその品質の良さからとても人気があって購入された方は多く、現在も根強いファンがたくさんいらっしゃるのだそうです。

 

日本の毛皮のブランドなので、日本人向けに作られたデザインで丈が短くウエストも小さめにできている毛皮になります。
残念なことにバブル崩壊後にエンバは一度倒産してしまいましたが、現在ではジャパンエンバ株式会社 (Japan Emba Ltd.)に事業が継承されて新しいカタチで毛皮販売に取り組まれています。

 

アメリカンレジェンドの毛皮

アメリカンレジェンド(American LegendR)はアメリカのシアトルに本部を置く毛皮のブランドで、エンバとグラマが合併して発足した、北米にあるミンクの毛皮養殖団体です。
エンバとグラマの品質と良さを受け継ぎ、中でも「ブラックグラマ」は富裕層に強く支持されているブラック毛皮で、世界的にも人気があります。

 

アメリカンレジェンドの毛皮は「アメリカン・レジェンド・オークション」でのみで販売されているため、一般人はおろか業者でも中々手に入れることが難しいです。

 

ソボルの毛皮

毛皮の中でも最高ランクに位置付けられるセーブルですが、中でもロシアンセーブルは最高価格が付く高級品です。
その品質保証の証にSOBOL(ソボル)タグが付けられます。
SOBOL(ソボル)の付いたセーブルは高いものでは数千万円もする品物もあり大変高価ですが、その品質の良さからセレブや富裕層に広く愛されています。

 

特徴としては毛足がやや長く非常に柔らかい毛並みで、光沢に富んでおり気品が感じられます。
毛皮だけではなく、ストールやショール、ケープも人気があります。

 

フェンディの毛皮

バッグや財布などで身近なフェンディ(FENDI)ですが、実は毛皮の歴史もあります。

 

フェンディの毛皮は他のブランドとは少しカラーの違う、斬新で個性的なデザインが人気です。
他の人とは違う毛皮のコートやショールを身につけたい、そんな海外セレブや若い女性たちに支持されています。
特に人気なのはミンクですがセーブル、フォックス、リス、ラム等色んな毛皮のバリエーションがあります。
コートの他にも、ポンチョやファーのアクセサリーも人気です。

毛皮の買取価格を決める要因について

毛皮を売るまえに読むサイト!毛皮買取で損をしないコツとは?

毛皮の査定価格は、様々なポイントをチェックされて決まります。

 

状態や動物の種類、ブランドや保証書の有無、デザインなどを見て、総合的にみてどのくらいの価値があるかを決めていきます。

 

ここでは、毛皮の買取価格を決める要因について1つ1つ解説していこうと思います。

 

毛皮の種類とブランド

査定員はまず、毛皮の種類(動物やブランド)をチェックします。

 

一般的に高級毛皮と言われるのは、世界三大毛皮であるセーブル、チンチラ、リンクスです。
この中でもロシアンセーブルは最高ランクに位置付けられます。
ロシアンセーブルの毛皮コートは買取相場が20〜40万円ぐらいとも言われていますので、ノーブランドの毛皮であったとしても高値買取が期待出来そうですね。

 

毛皮の状態

次に査定員は状態のチェックをしますが、もちろん綺麗な状態であればあるほど高く評価して貰えます。
主なチェックポイントは毛皮の表面に毛抜けや破れの有無や、胴裏のシミ汚れや黄ばみ、ネーム刺繍など名入りであるかどうかなどです。

 

毛皮は天然のものであるため、非常にデリケートで良い状態で保存するのが難しいとされています。
そのため、毛皮の査定価格を考えるならば、少しでも早目に査定に出すことが望ましいです。

 

どんな高級毛皮であっても、汚れや毛抜け、毛の硬化、変色、色落ちなどしている状態ですと当然、査定価格にも影響してきてしまいます。
少しでも毛皮の査定価格を高くしたいとお考えでしたら、日頃から正しいお手入れや保管の仕方にも気を遣う必要があります。

 

他ページでは正しい毛皮のお手入れ方法や、良い状態を保つための保管方法をご紹介していますので、宜しければご覧ください。

 

毛皮のデザイン

毛皮を売るまえに読むサイト!毛皮買取で損をしないコツとは?

デザインによっても毛皮の査定価格は変わってくるようです。

 

基本的にロングコートは需要があるので、高値で取引される傾向にあります。
サイズにすると平均で90センチから110センチです。

 

対してハーフコートはお尻がギリギリ隠れるぐらいの長さということになりますが、平均で70センチから90センチほどのものが多いです。
最近は50センチから70センチほどのショートコートも若い方に人気のようで需要が高まっていると聞きますので、今後期待出来そうですね。
その他にもベスト、ショールや小物類などもありますが、デザインなども色々あるので価格もそれぞれで異なります。

 

このように、毛皮の査定価格は様々な角度から評価されるので、素人ではその価値を見極めるのが中々難しかったりします。

 

ただ、確かなのは、高く買取してもらえる毛皮の特徴は「希少価値が高く保存状態の良い毛皮」ということ。
そこに保証書や付属品なども揃っていれば更に高値買取が見込めると思います。

 

毛皮は劣化していくものですので、購入時の価格がどんなに高かった毛皮であっても、どうしても当初の価格よりは大幅に価値が落ちてしまう傾向にあります。
また、放置していると毛抜けや変色など価値が下がる原因ともなってしまいますので、売りたいと思ったらすぐに買取に出すのがベストです。

 

毛皮のお手入れと保管方法について

毛皮を売るまえに読むサイト!毛皮買取で損をしないコツとは?

毛皮のお手入れ方法を正しく行うことは、査定価格にも大きく関係してきます。
当たり前のことではありますが、同じ毛皮なら綺麗な状態の毛皮のほうが高値で買取して貰えます。

 

毛皮は劣化しやすく、綺麗な状態を保つことが非常に難しいと言われています。
そのため、日頃のお手入れや保管に細心の注意を払うことが必要なんです。
レザーなどと違って強さや実用性よりも、動物本来の毛の外観や感触をできるだけ損なわないようする、美しさに重点がおかれています。

 

今回は、毛皮のお手入れと保管方法について解説したいと思います。

 

使用後にしておきたい毛皮のお手入れ方法

毛皮を使用したあとにしておきたいお手入れ方法についてまとめました。

 

軽くたたいてからブラッシング

毛皮を売るまえに読むサイト!毛皮買取で損をしないコツとは?

風通しのよいところでハンガーにつるしながら手でほこりを軽くたたきだしてください。
直射日光を避けて、とにかく湿気を取り除くことが大切です。
毛並を揃えるために手で軽く整えたり、丁寧にブラッシングをするのが良いと思います。

 

毛皮は埃が付きやすく、一回着用しただけでもかなりの量の埃を吸い込んでしまいますので、着用後は軽くたたいたり、振ったりして汚れも一緒に落として下さい。
基本的に毛皮のお手入れ方法はコートやストールなども同じです。
普通の洋服と同じように洗濯機などで洗うことが出来ないので、日々の毛皮のお手入れ方法はこれぐらいで充分だとされています。

 

雨や雪で濡れた時は水分を拭き取る

万が一、雨や雪に濡れてしまった場合は、毛皮を振って水滴を切った後、乾いたタオルなどで水分を拭き取り、風通しのよい場所で陰干をしてください。
アイロンやドライヤー、暖房機などを使った乾燥は厳禁です。

 

シーズンオフに入ったらクリーニングに出す

毛皮を売るまえに読むサイト!毛皮買取で損をしないコツとは?

どうしてもシミや汚れが取れなかったり、シーズンを終えて長期保管に入る前にはクリーニングに出して汚れや臭いをしっかり取っておきたいところです。

 

専門のクリーニング業者はパウダー洗浄という粉をふりかけて汚れを吸い込ますという特殊な洗浄が一般的です。
通常の洋服のクリーニングとは全く異なりますので、毛皮のクリーニングに自信があるところかどうかを事前に確認すると良いと思います。

 

クリーニングから戻ってきたら、かかっているビニールを外して通気性の良い洋服カバーをかけて下さい。

 

自宅でできる毛皮のクリーニング方法

クリーニングは専門店にお願いすべきですが、毛皮をふわっとした状態に保つために家で出来ることもありますので、ご紹介します。

 

洗浄液を作る

洗面器にぬるま湯を入れ、シャンプーや台所洗剤(中性)を入れて洗浄液を作ります。
濃度は、約1000倍を目安にするので洗面器なら約4〜5ccぐらいです。

 

優しく拭き取る

その洗浄液を綺麗なタオルなどに浸してよく絞ってから、毛皮部分を素早く優しく拭き取ります。
全体が気になる場合はスプレー容器に入れてスプレー後にふき取ってもかまいません。

 

リンスで拭き取る

同じ濃度で薄めたリンス(出来るだけ香りがないもの)で優しくふき取ります。

 

お酢で拭き取る

約10倍に薄めたお酢で軽くふき取ります。
使用しなくても特に問題ありませんが、お酢を使用することで殺菌効果や毛皮を柔らかくする効果が得られます。
お酢は醸造酢よりもなるべく合成されたお酢がおすすめです。

 

陰干しをする

濡れた状態の毛皮はブラッシングすると毛が抜けやすいので、手でなでる程度にしておき、そのまま乾燥させます。

 

しっかり乾燥させたら手でブラッシングをする

手の甲を使ってやや叩くような感じでなでるのがポイントです。
もし、毛が絡まっている時はくしを浅く差し込んで無理をせずにゆっくりとすくいます。毛が寝ているときは、全体を軽くはたくと結構ボリュームがもどります。

 

正しい毛皮のお手入れ方法や保管方法を知っておけば毛皮の価値を出来るだけ保つことが出来ます。
是非お試しください。


毛皮の買取額は季節によって変わる?

毛皮を売るまえに読むサイト!毛皮買取で損をしないコツとは?

毛皮買取は季節によって査定額が変わるのかどうか、という点も気になるところだと思いますが、結論から言ってしまうと「毛皮は売りたいと思った時が売り時である」ということです。
つまり、毛皮買取は季節やタイミングなどを考慮するよりも、売ろうと決めたらなるべく早めに買取査定に出すのがベストです。

 

とはいえ、毛皮買取で季節は全く査定に影響しないのか?と言えば、そういうわけでもありません。

 

涼しくなってくる秋口の10月頃から買取価格もあがってゆき、本格的に寒くなる12月から1月頃が高く売ることができる時期です。
反対に、寒さも和らぎ、春めいてくる3月頃からは毛皮の査定額は下がっていく傾向にあります。

 

ただ、大手の買取専門店では、毛皮買取は季節によって買取価格を変えておらず、いつでも同じ買取価格を提示してくれるところもあります。
特に需要が高い毛皮などは、季節関係なく高値で買い取ってくれるところはたくさんあるかと思います。
夏の時期に毛皮を売りたい場合などは、そのような大手の買取店を選ばれることをおすすめします。

 

毛皮は売りたい時が売り時!その理由とは?

毛皮は売りたい時が売り時と言いましたが、それには以下の2つ理由があります。

 

流行の変化により査定額が下がるリスクがある
毛皮の劣化により査定額が査定額がリスクがある

 

この2つのリスクについて見ていきましょう。

 

毛皮にもある流行の影響

毛皮を売るまえに読むサイト!毛皮買取で損をしないコツとは?

これは毛皮に限ったことではなくアパレル製品全般に言えることなのですが、ごく一部の希少性の高い物を除き、買取相場は流行の影響を強く受けています。
そのため、日に日にその商品価値は下がっていると言っても過言ではありません。

 

ファッション業界では毎年、新作が発表されますし、世の中の流行の移り変わりもとても早いもの。
買ったばかりの洋服でも何年か経ってしまうと、何となく古く感じられて着るのを躊躇してしまったりすることはありませんか?
今の時代は特に、新しい洋服が安く手に入りますので、古いアパレル製品の需要が伸び悩んでいる傾向にあるようです。

 

ですので、日々下がっていく商品価値を考えた場合、売ると決めた時はなるべく早めに売ってしまうのが1円でも高く売るためには重要です。

 

毛皮は劣化のリスクが高い

毛皮を売るまえに読むサイト!毛皮買取で損をしないコツとは?

毛皮買取は季節やタイミングなどを考慮するよりも、なるべく早く買取査定に出したほうが良いというもう一つの理由は、毛皮は状態劣化のリスクが高いという点です。
毛皮はとてもデリケートですので、常に虫食いや色あせ、ニオイなど、様々な状態劣化のリスクを背負っています。
家庭での保管の仕方にも相当気を遣わなければなりません。

 

どんなに完璧な状態で保管をしていたとしても、日に日に状態は劣化していっている可能性があります。
もちろん毛皮の買取査定は状態が良いものであればある程、高く買い取ってくれますので、毛皮を売るなら少しでも綺麗な状態のうちに売ることをお勧めします。

 


毛皮を売ることができる専門買取店をピックアップしました

毛皮を売るなら毛皮の買取専門店を選ぶのが、高価買取につながる一番の道です。
そこで、今回は毛皮専門買取店をピックアップしてそれぞれの特徴や口コミなどをまとめました。

 

どのお店に査定をお願いしようか迷っているときのご参考になれば幸いです。

 

買取プレミアム

 

毛皮を売るまえに読むサイト!毛皮買取で損をしないコツとは?

参考:買取プレミアム公式サイト(https://kaitori-premium.jp/kaitori_kegawa.html)

 

買取プレミアムの口コミや評判などを調べてみましたが、こちらは出張買取をメインに行っている買取専門店のようで、とにかく「出張訪問なのにすぐに来てくれる」という内容が多かったです。
公式ページでも「お問い合わせから最短30分で、すぐに査定員がお伺いします」と宣言しているので、どうやらその通りみたいですね。

 

買取プレミアムの口コミ

また、買取プレミアムの口コミには、出張買取での訪問代金や査定代金など、依頼者が費用を負担をすることは一切ないということや、もし査定価格に納得がいかない場合は無料でキャンセルすることも出来るので安心して利用できるという口コミも多くありました。

 

他の業者や売却方法によっては依頼者側に費用の負担が発生してしまうこともあるので、この点は確かに安心できるなと思います。

 

買取プレミアムの特徴

買取プレミアムの出張買取はごく一部の地域(離島など)を除いて日本全国どこでも対応しています。
(出張買取ができない一部の地域では宅配買取で対応してくれます。)

 

毛皮を売るまえに読むサイト!毛皮買取で損をしないコツとは?

 

買取プレミアムの出張買取の申し込みは公式ページのお問い合わせフォームや電話で受け付けが可能です。
24時間受付をしているので、いつでもどこでも好きな時に申し込みをすることが出来るのでおすすめです。

 

毛皮を売るまえに読むサイト!毛皮買取で損をしないコツとは?

 

問い合わせフォームに名前、電話番号、郵便番号、住所、メールアドレスなどを入力し送信すれば、その後営業時間内(9:00〜21:00)に折り返しの電話があるので、日時などを相談して決めます。

 

あとは鑑定士の方が指定日時に自宅に来てくれるので、運転免許証やパスポートなどの公的身分証を用意し、家で待つだけです。

 

査定後、提示された価格に納得したら売買契約書にサインして、その場で買取代金を受け取って完了となります。
売却した品はすぐに引き取ってくれるので家の中もスッキリしますし、買取代金も現金で受け取れるのでとても好評みたいですね。
わざわざお店まで持って行かなくてもいいので、特にたくさん売りたいものがあるという方はとても便利なシステムだと思います。

 

スピード買取.jp

 

毛皮を売るまえに読むサイト!毛皮買取で損をしないコツとは?

参考:スピード買取.jp公式サイト(https://www.speed-kaitori.jp/kaitori_kegawa.html)

 

スピード買取.jpは着物の買取をメインでやっていますが、切手や毛皮、古銭、アクセサリー、金券、ブランド品、宝石、時計、骨董品、洋服など幅広いアイテムを取り扱っているようです。

 

最近では、有名芸能人の方をイメージキャラクターとした広告や、スピード買取.jpの査定の様子を密着取材しているテレビ番組なども放送されたりしたので、ますます知名度が高まって利用する人も増えてきているみたいですね。

 

スピード買取.jpの口コミ

スピード買取.jpの口コミを見ていると、全体的に評価の高いものが多くてリピーターも多いようですね。

 

公式ページによると、査定額に関しては高値買取に力を入れているとのことですが、実際は他の業者と同じくらいの水準にはあるようです。
ですが、1点ずつ丁寧な査定をしてくれること、買取不可の品でも丁寧な説明をしてくれるので満足度が高い取引ができることが高い評価を得ている理由のようでした。

 

また、女性の方で知らない人を家に上げるのは不安という方でも、女性の査定員を指名することが出来るみたいなので安心ですね。

 

スピード買取.jpの口コミを色々調べて感じたことは、やはり大手ならではの徹底したコンプライアンス体制がしっかり整っていて安心感があるなということでした。

 

毛皮を売るまえに読むサイト!毛皮買取で損をしないコツとは?

 

とにかく安心感を重視したいという方にはおすすめできそうです。

 

スピード買取.jpの特徴

毛皮を売るまえに読むサイト!毛皮買取で損をしないコツとは?

スピード買取.jpは、以下のようなコンプライアンス遵守体制がしっかりしているので、特に女性の方でも安心して利用できるのではないでしょうか。

 

事前に承諾した品以外の査定を行わない

契約前には必ずコンプライアンス専門部署と直接話をして契約の可否を判断してくれる決済コールがある

査定終了後には、本社担当者から査定に問題がなかったかアフターフォローの電話がある

取引後もクーリングオフ制度やお客様相談室も設けられておりフォロー体制が整っている

 

以前、出張買取の業者が押し買いのような行為に対して、消費者庁から行政処分を受けているということもあってコンプライアンス遵守はかなり徹底しているようです。

 

ちなみに、査定完了後に売ろうかどうか迷ったら、その場ですぐに決めなくてもOKで、後日貰った名刺に書いてあるところへ電話をすれば、その日の査定額で買取をして貰えるみたいですよ。

 

どうしても家に呼ぶのが難しいという方は出張買取以外にも店舗へ持ち込み、または宅配での買取も可能です。
店舗は東京都新宿区にありますが、お近くに店舗がない方は全国対応している宅配買取が便利です。

 

家に何か処分に困っている不用品やブランド品があるのなら一度は利用してみてもいいのではと思いました。